鯉こく

c0213470_9594568.jpg


おめでとう(玄米小豆粥)
鯉こく
鉄火味噌
ひじき蓮根






正食クッキングスクールの上級クラスで鯉こくを習いました。
9月まで中級クラスに通っていて、むそう塾の幸せコースにも通っているので
上級クラスに通うのは正直迷いましたが
(幸せコースが終了してから上級クラスに行っても良かったのですが。)
上級クラスのお料理の内容と会長の講義があるという誘惑に負けて、通う事にしました。

そして、上級クラスで受講したかった「鯉こく」を習いました。
私のイメージしていた「鯉こく」とはまったく違いとても美味しくいただきました。
(初めていただきました。)
そして今回は、「命をいただく」という事を実感した講義でした。
お料理する直前まで生きていた鯉を調理していただくという事。
鯉1匹を全て内臓、うろこや血も全ていただきます。(にが玉は取りますが。)

鯉こくをいただくと身体が温かくなってきて手や足の先まで温かくなり血流が良くなって
身体がポカポカしてきます。
鯉の生命力をいただく事で自分の身体にその生命力を取り込むという事。
生きているという事は、植物や動物の命をいただいているという事と
「いただきます」と言う事の意味を実感した一日でした。
[PR]
by perori617 | 2009-10-18 10:29 | 正食


お気に入りと共に暮らす毎日。


by perori617

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

検索

ブログジャンル

画像一覧