幸せコース12月座学「家族ってなんだろう」

12月の幸せコースの座学で「家族」についての講義がありました。
家族といってもいろいろな家族構成がありますよね。
美風さんの話の中で「子供は天からの授かりもの」というような話があり
自分の場合は、まさしくそうだったと思いました。

私は、昔から生理不順で生理痛もひどくて基礎体温をつけても体温のパターンが
正常ではなくて医者からは「無排卵月経」と言われていました。
今から考えると生理不順と生理痛は、動物性と油の取り過ぎとストレスと
冷たい物の食べすぎだったと思いますが、その時はそんな事はわかりませんでした。

そして、夫と結婚する時に「たぶん子供は出来ないと思うけどそれでも良ければ」と
いうことを話して結婚しました。
それが、結婚してしばらくすると生理不順も生理痛も治ってしまいました。
新しい生活がストレスから開放させてくれたのです。
(そんなにストレスを感じていたのかと思ってビックリしますけどね。)
でも、子供は出来ないと思っていたので子供のいる生活は2人とも全く考えられず
周りからはお気楽な夫婦に見えたと思います。
事実、近所の人から「子供はまだ?」と何回聞かれた事でしょう。
欲しくても出来ない人もいるのに、言っている本人は悪気はないのでしょうが
とても酷な質問でした。(唯一、夫の両親にはその事については何も言われませんでした。)

そして、結婚1年ちょっとで妊娠したのです。
その後、子供が8ヶ月の時に義父が亡くなってしまったのですが
孫の顔を見せてあげられたのは本当に良かったと思っています。
もしかしたら、義父に会うために生まれてきたのかもしれません。
私が妊娠が判ったのは、義父が倒れて病院に入院している時だったのです。

そして、やっと子供が出来て周りは文句も無いだろうと思っていたら
「二人目はまだ?」「ひとりは可哀相よ。」「次は男の子ね。」と言われ
一体、何人生めば認めてもらえるのかしらと
ガックリしたものでした。

その後、無我夢中で育児をしていましたがやっぱりこの子には妹か弟が必要なのでは
ないかと思うようになったものの、今度は、なかなか妊娠しなくて焦っていました。
(一人目出産後、嘘のように生理不順も生理痛も解消したのです。)
そして思い切って婦人科で検査してもらう事にしました。
(その為に、基礎体温も1年以上測って婦人科に持っていったのです。)

検査の結果、排卵もあるし卵管も詰まってはいない。ただ、右の卵管が凄く細い
所があるので時々排卵をさぼっている事があるかな~。と言われました。
私はそれを聞いて「やっぱり。」と思いました。
でも、妊娠出来ない訳ではないのでその後、婦人科に通いながら
妊娠を望みましたが、どうしても妊娠しなくてとうとう2人目は諦めたのです。
子供は1人でもいいよね。と夫婦で納得したその後・・・
信じられない事に「妊娠」したのです。

初めは、コーヒーが飲めなくなっておかしいな~。と思っていたら
幼稚園の園児のお母さんから「妊娠したんじゃないの?」と言われ
「そんな事は絶対に無いと思う。」ときっぱり言い切ったのですがやっぱり
体調が変で、市販の妊娠検査薬で調べたら陽性だったので夫に話すと
「そんなはずは無い。」ときっぱり言われ、
(あれだけ努力して妊娠しなかったのに今さらどうして?という気持ちが
あったと思うのです。)

病院で検査してもらったら「妊娠してますよ。」と言われてやっと信じる事が
できたという、今から思うと馬鹿みたいですが、本当の話です。
当時、幼稚園で役員をやっていたのですが、役員をすると妊娠するという
ジンクスがあり、私は見事にそのジンクスを証明してしまいました。(笑)

結局、上の子供とは年は6歳、学年は5年離れているのですが
私にとっては、丁度良い年齢差で下の子の育児はとても楽でした。
(楽とはいえ、色んな事があったのですが。)
6歳離れていても、仲の良い姉妹です。
子供は、自分が生まれてくるのに丁度良い時期を選んで生まれてくるんだなと
実感しています。

そして、私たち夫婦には子供は必要だったと思います。
子供がいたから、特に上の子供は私たちにいろいろな事を教えてくれました。
彼女が生まれていなかったら今の私も夫もいなかったでしょう。
彼女は、私たちに忍耐という事を教えてくれました。
そして、彼女が頑張ってくれたから、下の子はのびのびと育つ事ができたのだと
思っています。
上の子は初めての事ばかりで可哀相だったと思いますが、その代わり
みんなに可愛がられて育ってくれました。
今でも、義母の一番のお気に入りです。
逆に下の子は一番影の薄い存在です。(泣)

夫と二人で子供を信じてやってきた事も、10年、15年経って
今、結果が出て来て「私たちのやってきた事は間違っていなかった。」と
やっと実感しています。
(子供達が、結婚するまで本当にそれで良かったのかまだわかりませんけどね。)

私は子供は持てないと思っていましたが(結婚もしないと思っていたのですが)
思いがけず2人も産む事ができました。
(2人目を産んだ後、みんなに3人目も産めと薦められました。その時は
嫌な気分ではなく、とても嬉しい気持ちになりました。
みんな、楽しく子育てをしていたのです。実際、うちの幼稚園の園児は
3人兄妹が多くて、4人5人と産む人もいたのです。)

子供が居なかったとしても、それはそれで夫婦2人で楽しく過ごしているとおもいます。

そして、必要な人のところにはきっと子供はやって来ると思うのです。
[PR]
by perori617 | 2010-01-16 23:44 | むそう塾


お気に入りと共に暮らす毎日。


by perori617

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

検索

ブログジャンル

画像一覧