お手伝い

昨日の夕食は幸せコースで習った天ぷらの復習をしました。
本当は、土曜日に天ぷらを作ろうと思っていたのですが
一番食べてほしい人が土曜日の晩にいないので一日早く作る事にしました。
粉と材料の準備はしたものの、久しぶりの天ぷらで段取りが甘かったので
天ぷらを揚げたのはよかったのですが、天つゆを作る事を忘れていたり
大根おろしや味噌汁を作るタイミングも遅くなったりして
終わった時にはどっと疲れてしまいました。
私がそうやって悪戦苦闘している間、子供達はご飯が出来るのを
ただ待っているだけで、私も「手伝って」と言えばよかったのでしょうが
あれこれしてもらうのも面倒で結局1人でやってしまいました。
その後の、後片付けの大変だった事・・・。

写真を撮る余裕もありませんでした。
とにかく、揚げたてを食べさせたくて揚げるそばから子供達に
食べさせたのです。

天ぷらは、夫がいる休日に作るのがいいなとつくづく思いました。
夫は、一緒に台所に立って私が一々言わなくても手伝ってくれるので
とても助かります。

私は、子供の時から母親の手伝いは当たり前で大人になってお勤めを
していた時も、帰ると食事の準備を手伝うのは当然の事でした。
その時はそれがとても嫌だったのですが、今になって思えば誰かが手伝って
くれなかったらとても1人で毎日作るのは大変だったと思います。

母も私に「ありがとう」の一言ぐらい言ってくれたら私も喜んで手伝ったのに
人を使うのが下手な人でした。(今も元気に働いています。極陽性さんです。)
そのくせ弟には「ありがとう」なんて言ってるのを聞くと面白くなかったものです。
これは私と母の問題なのか、私が長女だったからなのでしょうか?

私も長女に対しては素直になれない処があります。
そんな母の娘ですから、私も子供と一緒にするのが苦手で(待つという事が
できないのです。)料理を一緒に作るという事はあまりしたことがありません。

食事の準備や後片付けは子供達の仕事になっているので毎日やってくれますが
これからは、お料理も少しづつ一緒にやらなくてはいけないと思いました。

台所に一緒に立って手伝ったり料理をつくってもらったりするという事は
相手を信頼して受け入れる事なのかもしれません。

もしかしたら、私は今まで子供対して心を開いてこなかったのかもしれません・・・
[PR]
by perori617 | 2010-02-06 23:06 | つぶやき


お気に入りと共に暮らす毎日。


by perori617

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

検索

ブログジャンル

画像一覧