カテゴリ:むそう塾( 11 )

幸せコース3月

今回の幸せコースでは、お魚をおろしました。
以前は、お魚をおろす事も多かったのですが、最近は魚屋さんに
三枚・2枚・鱗と内臓を取ってもらったり、お刺身用に皮を剥いでもらっていたので
魚をおろすのは久しぶりでした。
うちは、お刺身は殆んど食べないので3枚におろす事はめったになかったので
これからは、魚屋さんにおろしてもらわないで自分でしようと思いました。

でも、カワハギだけは魚屋さんにお願いしたいわ・・・
何回やっても、カワハギの皮を剥くのだけは怖いのです
ヒェ━━━━━(;゚;д;゚;)━━━━━!!
白身でお鍋にすると美味しいお魚なのですが・・・

座学の最後に1年間をふり返って話をする時間をもらいました。

私は、去年の2月に、中川式玄米の炊き方を習ったのですが
それから1年経ってやっと、玄米ご飯が炊けるようになった気がします。
玄米が開いてきたと思えるようになりました。

玄米が開くようになったのは、自分の心も開いてきたからなのではないかと
思っています。
今まで、私の心は閉じていました。
傷つきたくないから閉じていました。
でも、いつの間にか開いてきました。
固かった心が柔らかくなって、肩の力がぬけたような気がします。
[PR]
by perori617 | 2010-04-01 22:44 | むそう塾

「2009年度幸せコース交流会」のお知らせ

「2009年度 幸せコース 交流会」のお知らせ!
皆さんもうご存知だと思いますが、中川さんと美風さんのブログで「2009年度幸せコース交流会」のお知らせが発表されました。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

中川さん、美風さんありがとうございます。
[PR]
by perori617 | 2010-03-10 00:04 | むそう塾

幸せコース第9回

c0213470_19581247.jpg

さつま芋はもっと大きく切れば良かったと思いました。
太さによって食感が色々で、とりこさんのさつま芋がホクホクで美味しかった~^^
私のは、細かったのでクリスピーな食感でした。
お好みでメープルシロップをかければ大学芋風に・・・
c0213470_19584069.jpg

中川式天ぷらにはビックリ!!
天ぷらは苦手で、殆んどしないのですが私でもこれだけ揚げられるとは・・・
三度豆と大葉が難しかったです^^;
これで、家でも天ぷらが食べられます。
c0213470_2014681.jpg

そして、お昼ご飯。
揚げ出し豆腐も美味しかった^^

ごちそうさまでした。
[PR]
by perori617 | 2010-02-02 20:16 | むそう塾

福Zen

c0213470_22155944.jpg
c0213470_22163593.jpg

今日 福Zenを戴きました。
最近、高野豆腐の含め煮を作っているのですが、どうも上手くいかなくて
試行錯誤しているのですが、中川さんの高野豆腐を食べた事がないのに
気がつき急遽なかがわに行く事にしたのです。
でも、今日は高野豆腐はありませんでした。(残念!)

それにしても、時雨煮の美味しい事といったら・・・
他のおかずもモチロン美味しいのですが。

来週、もう一度チャレンジしてみようかと思っています。
木曜日に行こうかな。^^
[PR]
by perori617 | 2010-01-29 22:26 | むそう塾

幸せコース12月座学「家族ってなんだろう」

12月の幸せコースの座学で「家族」についての講義がありました。
家族といってもいろいろな家族構成がありますよね。
美風さんの話の中で「子供は天からの授かりもの」というような話があり
自分の場合は、まさしくそうだったと思いました。

私は、昔から生理不順で生理痛もひどくて基礎体温をつけても体温のパターンが
正常ではなくて医者からは「無排卵月経」と言われていました。
今から考えると生理不順と生理痛は、動物性と油の取り過ぎとストレスと
冷たい物の食べすぎだったと思いますが、その時はそんな事はわかりませんでした。

そして、夫と結婚する時に「たぶん子供は出来ないと思うけどそれでも良ければ」と
いうことを話して結婚しました。
それが、結婚してしばらくすると生理不順も生理痛も治ってしまいました。
新しい生活がストレスから開放させてくれたのです。
(そんなにストレスを感じていたのかと思ってビックリしますけどね。)
でも、子供は出来ないと思っていたので子供のいる生活は2人とも全く考えられず
周りからはお気楽な夫婦に見えたと思います。
事実、近所の人から「子供はまだ?」と何回聞かれた事でしょう。
欲しくても出来ない人もいるのに、言っている本人は悪気はないのでしょうが
とても酷な質問でした。(唯一、夫の両親にはその事については何も言われませんでした。)

そして、結婚1年ちょっとで妊娠したのです。
その後、子供が8ヶ月の時に義父が亡くなってしまったのですが
孫の顔を見せてあげられたのは本当に良かったと思っています。
もしかしたら、義父に会うために生まれてきたのかもしれません。
私が妊娠が判ったのは、義父が倒れて病院に入院している時だったのです。

そして、やっと子供が出来て周りは文句も無いだろうと思っていたら
「二人目はまだ?」「ひとりは可哀相よ。」「次は男の子ね。」と言われ
一体、何人生めば認めてもらえるのかしらと
ガックリしたものでした。

その後、無我夢中で育児をしていましたがやっぱりこの子には妹か弟が必要なのでは
ないかと思うようになったものの、今度は、なかなか妊娠しなくて焦っていました。
(一人目出産後、嘘のように生理不順も生理痛も解消したのです。)
そして思い切って婦人科で検査してもらう事にしました。
(その為に、基礎体温も1年以上測って婦人科に持っていったのです。)

検査の結果、排卵もあるし卵管も詰まってはいない。ただ、右の卵管が凄く細い
所があるので時々排卵をさぼっている事があるかな~。と言われました。
私はそれを聞いて「やっぱり。」と思いました。
でも、妊娠出来ない訳ではないのでその後、婦人科に通いながら
妊娠を望みましたが、どうしても妊娠しなくてとうとう2人目は諦めたのです。
子供は1人でもいいよね。と夫婦で納得したその後・・・
信じられない事に「妊娠」したのです。

初めは、コーヒーが飲めなくなっておかしいな~。と思っていたら
幼稚園の園児のお母さんから「妊娠したんじゃないの?」と言われ
「そんな事は絶対に無いと思う。」ときっぱり言い切ったのですがやっぱり
体調が変で、市販の妊娠検査薬で調べたら陽性だったので夫に話すと
「そんなはずは無い。」ときっぱり言われ、
(あれだけ努力して妊娠しなかったのに今さらどうして?という気持ちが
あったと思うのです。)

病院で検査してもらったら「妊娠してますよ。」と言われてやっと信じる事が
できたという、今から思うと馬鹿みたいですが、本当の話です。
当時、幼稚園で役員をやっていたのですが、役員をすると妊娠するという
ジンクスがあり、私は見事にそのジンクスを証明してしまいました。(笑)

結局、上の子供とは年は6歳、学年は5年離れているのですが
私にとっては、丁度良い年齢差で下の子の育児はとても楽でした。
(楽とはいえ、色んな事があったのですが。)
6歳離れていても、仲の良い姉妹です。
子供は、自分が生まれてくるのに丁度良い時期を選んで生まれてくるんだなと
実感しています。

そして、私たち夫婦には子供は必要だったと思います。
子供がいたから、特に上の子供は私たちにいろいろな事を教えてくれました。
彼女が生まれていなかったら今の私も夫もいなかったでしょう。
彼女は、私たちに忍耐という事を教えてくれました。
そして、彼女が頑張ってくれたから、下の子はのびのびと育つ事ができたのだと
思っています。
上の子は初めての事ばかりで可哀相だったと思いますが、その代わり
みんなに可愛がられて育ってくれました。
今でも、義母の一番のお気に入りです。
逆に下の子は一番影の薄い存在です。(泣)

夫と二人で子供を信じてやってきた事も、10年、15年経って
今、結果が出て来て「私たちのやってきた事は間違っていなかった。」と
やっと実感しています。
(子供達が、結婚するまで本当にそれで良かったのかまだわかりませんけどね。)

私は子供は持てないと思っていましたが(結婚もしないと思っていたのですが)
思いがけず2人も産む事ができました。
(2人目を産んだ後、みんなに3人目も産めと薦められました。その時は
嫌な気分ではなく、とても嬉しい気持ちになりました。
みんな、楽しく子育てをしていたのです。実際、うちの幼稚園の園児は
3人兄妹が多くて、4人5人と産む人もいたのです。)

子供が居なかったとしても、それはそれで夫婦2人で楽しく過ごしているとおもいます。

そして、必要な人のところにはきっと子供はやって来ると思うのです。
[PR]
by perori617 | 2010-01-16 23:44 | むそう塾

むそう塾新年会

連休も終わってやれやれと思っていたら、月曜日の朝から咳が出はじめて
どうやら、風邪に罹ってしまったようです。
熱は無いのですが、コンコンと咳が出て、咳をすると肺と喉の辺りが
痛いのと、寒気がしたり節々が痛かったり、いっそのこと熱が出た方が
一気に治りそうな気がするのですが、残念ながら熱の出る気配は一向にありません。

年末からお正月にかけての暴飲暴食のつけがきていると思うのでしばらくは
おとなしくしようと思っています。
今日は、朝と昼ご飯を食べなかったのですが、晩御飯はお腹が空いて
玄米と味噌汁と糠漬けを美味しく頂きました。

さて、1月8日にむそう塾の新年会に参加したのですが、初めての方が多く
新鮮な気持ちで楽しい時間を過ごさせてもらいました。

新年会に持って行ったおかずは(すみません。写真はありません。)
大豆たんぱくと牛蒡の時雨煮
切干大根
玄米ご飯
白味噌のお雑煮(お餅なし)
を持っていったのですが・・・

切り干し大根は、上手に炊けなくて困っていたのですが、幸せコースで
煮物の陰陽を習ってから、なんとか炊けるようになったので中川さんに
食べてもらいたくて作っていきました。

大豆たんぱくの時雨煮は、まだ1回しか作った事がなかったのですが
作り方をもう一度教えてもらいたかったので、作りました。

白味噌のお雑煮は(餅なし)食べた事がない人が多いようだったので
作って行きました。

そして、問題の玄米ご飯ですがいつもとちがう、
変な玄米ご飯を炊いてしまってそれを持っていきました。
つまり、本番に弱い。氣が整っていないということを自ら証明してしまいました。

いつもは残りすぎて困る圧は残らないし、蓋を開けたとたん
今日の玄米は駄目だと思いました。
情けないという気持ちもありましたが、思わず笑ってしまいました。


切り干し大根は上手に炊けて、中川さんにも褒めてもらったのですが
大豆たんぱくの時雨煮は、炊いている途中で陰陽の炊き方がまちがっている
事に気がついたので、新年会は失敗作を持っていったようなものでした。

でも、失敗しましたが、失敗した原因が判ったし、とても勉強になりました。
それに他の方の、お料理を食べる事ができてよかったと思っています。
みんな、それぞれの味でおもしろいと思いました。
新年会で、皆さんにお会いできてよかったです。
ありがとうございました。

今年の目標は「氣を整える。」に決定しました。
[PR]
by perori617 | 2010-01-12 22:15 | むそう塾

2009年をふり返って 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいします。


29日からお休みしていましたが、今日からぼちぼちと再開していこうと思います。

2009年は、次女の高校受験から始まった1年でした。

子供達2人は、京都市西京区にある月見が丘こどものいえというモンテッソーリ教育に
基づく幼稚園に通園して親も子も個性の尊重と内面的な自立を
しっかり学ばせてもらいました。
子供達の基礎は「月見が丘こどものいえ」にあり、何か問題にぶつかった時に
私はいつも「こどものいえ」の時に遡って考えます。私の子育ての原点でもあります。

そんな次女なので、彼女の志望する学校に入学させたいという気持ちが私の中でとても強く
それが彼女にとっては負担になっていたと思います。

以前から玄米は食べていて、マクロの教室にも通っておかずは美味しいと思っていましたが
玄米ご飯だけが自分には美味しいと思えず、玄米の炊き方に悩んでいた時に
に出会ったのが「むそう塾」でした。

そこで、私の人生が変ったと言っても過言ではないでしょう。
今思うと必然だったのでしょう。

そこから、私の周りが変っていきました。

まずは、次女の受験。
担任も、塾長も、夫も、模試の結果も志望校合格は無理と言われ(思われ)ていて
本人も諦めていたのに、私1人だけ(夫に言わせると根拠のない自信)大丈夫と
思っていたら、奇跡の合格♪思いもかけない事が起こりました。

「月見が丘の子は大丈夫。」というのが園長先生の奥さん(経理担当)の口癖で
私も困った事があるといつもそうつぶやいています。

高校受験がきっかけで、子離れさせてもらいました。
その後、高校入学の初めは心配で子供に口出しをして嫌がられ
「勉強と成績に関して一切干渉しないで欲しい。」と子供に言われ目が覚めました。
今では、とても気が楽になって子供とはいい関係になっています。
高校生活も楽しく送っているようで2年後の大学受験も今から楽しみです^^

そして、パスポート取得と幸せコースの受講。
パスポートも簡単にはもらえるとは思っていなかったので
幸せコースも今年受講しようと思っていたのです。
受講料も1年働いて貯めようと思っていたのですが・・・
それが、思いがけずにもらったパスポートと受講料も以前に働いていた時の
お金が別の通帳にあったことが判明し(すっかり忘れていたのです。)
これは、今年受講しろという事に違いないと思いました。
受講して良かったと思っています。

2009年は「流れに身をまかせる。」と思っていたので
それを実行した1年でもありました。

1年をふり返ってみると、変化の一年でした。
でも、変化の過程で大きな壁に阻まれ苦しく辛い事がたくさんありました。
途中で諦めても良かったのに諦めずにここまで来れたものです。
絶対に諦めないしつこい自分を今日だけは褒めてあげたいです。

初めから読み直してみると、子供の事ばかりですね。
家族の幸せが自分の幸せ。


2010年はどんな1年になるのでしょう。
[PR]
by perori617 | 2010-01-02 13:26 | むそう塾

むそう塾・幸せコース

c0213470_20233487.jpg

かぼちゃのおやき
c0213470_2024272.jpg

鮭のおむすび
c0213470_20291375.jpg

焼野菜いろいろ

ごちそうさまでした^^
[PR]
by perori617 | 2009-12-28 20:26 | むそう塾

陰陽ひとり立ち講座(追加しました。)

c0213470_10233355.jpg

ブログには載せていませんでしたが「陰陽ひとり立ち講座」を受講していました。
玄米投稿の時も大変でしたが
(むそう塾№1の問題児でした。たぶん今も記録は破られていないと思います。)
今回、美風さんに出された課題「自分と向き合う事。」これが辛かった。
初めはのらりくらりと逃げていたのですが(だって嫌だったから。)
ガツンといわれて絶体絶命の崖っぷちに立たされてやっと、泣きながら
始まった自分との対面でした。
不幸自慢なら世界一と言うくらい自分は不幸だと思っていました。
過去の自分は心の奥底に鍵を掛けてしまってありました。
忘れたふりをしていました。
それを取り出すのは大変だったのですが、嫌だ、嫌だと思っていると
むそう塾パスポート取得メンバーのブログに自分の気持ちを知っているのでは?
という記事がUPされていて励まされ、忘れていた昔の楽しい思い出を
思い出させてくれました。
そして、自分は思っていほど不幸ではなかったと思えたとき
肩の力が抜けてホッとしました。

それから私の周りが変り始めました。
自分が変ったからなのか、自分の感じ方が変ったからなのか
不思議な体験でした。

気を整える。
シンプルな生活。
マクロビオティックの食事が全てではない。
入り口と出口
自分が整うと周りも整う。

とにかく実践あるのみ。

この講座で私は
マクロビオティックというドラゴンボールを1個みつけたような気がします。
これから何個みつけられるか楽しみになってきました。
(中川さんは、マクロビオティックという懐中電灯・車載工具とおっしゃっていました。)

この講座の期間にいろいろな人に、気づき・励ましをもらいました。
本当に感謝しています。ありがとうございました。
[PR]
by perori617 | 2009-12-23 11:50 | むそう塾

筑前煮

c0213470_14134145.jpg

筑前煮の復習をしました。
人参が小さかったのと、盛り付けがやっぱり苦手^^;
c0213470_14141951.jpg

蒟蒻は無難に盛り付け?
[PR]
by perori617 | 2009-12-08 14:17 | むそう塾


お気に入りと共に暮らす毎日。


by perori617

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

検索

ブログジャンル

画像一覧